全商品除菌消毒済

ベビー用品のレンタル・販売専門店「ベビレンタ」

ベビーモニターのレンタル商品一覧

8 件見つかりました

就寝時の窒息死が起きる確率を下げる

みなさんは、0歳児の死亡事故はどのような時に起きているのかご存知でしょうか?
実は死亡事故のワースト1位は就寝時の窒息死で、不慮の事故死の原因の約1/3に当たるほど、寝ている時の窒息が一番多いです。
そのため、赤ちゃんが払いのけられる軽さのベビー布団を赤ちゃん用に用意し、大人用の布団で窒息してしまうことを防ぎましょう。
また、敷布団や枕は赤ちゃんの顔が埋まらないよう硬さのあるものを使い、仰向けに寝かせてあげるようにしましょう。
赤ちゃんが仰向けに寝ているかどうか不安で眠れなくなってしまうママさんもいらっしゃいますが、不安な方はベビーモニターを用意し、うつ伏せになった時にスマートフォンやアラームでお知らせされる機能やカメラで寝ている様子を確認できると安心です。

ベビーモニターを使われたお客様の声

赤ちゃんの状態を確認できるので気持ちに余裕ができました
新生児のお世話の為、レンタルしました。初めての育児で、とにかく赤ちゃんが息をしているのかが心配でトイレにも行けない状態でした。
こちらをレンタルして、アプリで常に赤ちゃんの状態を確認できるので気持ちに余裕ができました。
ありがとうございました。
安心して寝る事ができました
寝返りをしはじめるとずっと寝返りをしてばかりで夜中もなかなか安心して寝れませんでしたが、これをつけるとアラームがなるので安心して寝る事ができました。
体を休める事ができました
寝てる時の寝返りがとても心配で、あまり寝れない日が続きましたがセンサーのおかげで体を休める事ができました。ありがとうございました!

就寝時の落下防止

大人用のベッドになく、ベビーベッドにあるものといえばベッドの柵ですよね。
ベッドの柵がないと、就寝時に落下してしまったり、ベッドと壁の間に挟まれたりする可能性があり、事故につながる可能性が高まります。
大人用のベッドに柵(ベッドガード)をつけることも可能ですが、つけることによって大人が出入りしにくくなることや、できる限りベッドを壁に沿うように配置し、子どもが寝返りなどで動きそうな範囲を柵で覆う必要があることなどの不便さや制約があります。
そのため、落下を防止したい場合にはベビーベッドを使う方が落下の危険性を低下させることが可能です。