離乳食時の食器の選び方〜プラスチックは大丈夫?

乳食の食器は赤ちゃんが練習用に使いやすいように、プラスチックのほうがよいと小児科医や保健師さんに言われることがあります。
でも、環境ホルモンなどに対しての安全性について大丈夫なのかと多くのママたちは疑問に思っていますし、そのような話は一度は耳にされたことがあるでしょう。
今回は食器選びにおいて注意すべき点についてまとめてみました。
babyplate

赤ちゃんの離乳食、食器選びのポイント

これから離乳を開始しようとされている段階の赤ちゃんは、まだ飲んだり食べたりする練習を考えて食器を選ぶ必要はありません。
というのも、初めの段階の1年間くらいは、赤ちゃんが自分で食器を使って食べるということはしなく、実際にはママが赤ちゃんに食べさせてあげる時期だからです。
ですので、お母さんが觚乳食をスプーンですくいやすく、また食べやすいものであればよいと思います。
赤ちゃん用の食器をわざわさ新調しなくても、家にある食器から赤ちゃんの食事の量に合う小さめのものを2・3個を選び、それを赤ちゃん専用に決めておけばよいのです。
そうすれば、おそらく食器の材質は陶器であり、環境ホルモンの心配は無用になるのではないでしょうか。
けれども、離乳初期の食事は飲みこみやすくするために裏ごししたりすりつぶしたりしなければなりませんので、お母さん方は食器や裏ごし、すり鉢がセットになっているものを求めて使っているようです。
お家にある物でも代用できたりもしますね。

また、1歳前後頃から使う両手つきのカップ、ランチ皿などは安全性を配慮し、丈夫で軽いものが出回っていますが、材質はポリプロピレン製のものであれば、環境ホルモンの心配はほとんど不要ということです。

食器ですが、スプーン・フォーク・お皿・マグカップなどのアイテムがセットになって売られています。
マグカップはひとつでは足りない場合が多いので、買い足していくよう考えておいたほうがいいです。
それでもプラスチックは不安だというママには木製のものがあります。
しかし、おわんは木製でもよいですが、スプーンなどはやはりプラスチックをオススメします。
というのも、食器はちょっと分厚めな印象のため赤ちゃんには持ちやすいのですが、その分スプーンのすくう部分が浅くてほとんどすくえなかったり、赤ちゃんのお口にはちょっと大きかったりして、赤ちゃんにとって非常に使いづらい物になりますので、その点にはご注意くださいね!

離乳を開始したころは重たい陶器の食器を使っていても、しだいに赤ちゃんが自分でカップを持って飲みたがるようになれば、軽いもののほうが扱いやすいでしょうし、食器を投げることに興味を持つころになれば、陶器の食器は危険でしょう。
そんなときには、プラスチック製の軽い物を選ぶといいと思います。
ただ、電子レンジOKで耐熱性のあるものをオススメします。

業界最高値!ベビー用品買取り|ベビレンタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)