赤ちゃんの離乳食と卵アレルギー

赤ちゃんの離乳食〜卵(たまご)編〜

egg
卵は日本では一般的な食事。でも卵ってアレルギーがあるし、いつからどうやってあげればいいのかわからない。
今日はそんな食の疑問にお答えいたします。

卵の与え方

卵に対するアレルギーがなければ、5〜6か月を過ぎて穀類や舒菜・果物に慣れたころからそろそろ与え始めます。この場合、まず卵黄だけを用います。
半熟のほうが全熟より消化がよく、食べやすいのですが、卵黄はよく火を通してかたゆでにしたもののほうが半熟のものよりアレルギーを起こしにくいです。
最初はかたゆでの卵黄をフォークでつぶし、少量をマッシュポテトかおかゆに混ぜたり、みそ汁に入れてもよく、また、つぶした卵黄に育児用ミルクや沸かした牛乳を加えた卵黄ペーストにします。

最初は1さじから与えてしだいに増やし、卵黄で2分の1個くらいの量を目標にして進めます。

気になる卵アレルギー

卵を与えると、口のまわりが赤くなったり、湿疹が出たりする場合、卵に対するアレルギー体質が考えられます。

卵アレルギーには囗のまわりが赤くなったり、からだに赤いぽつぽつが出る症状が多いのですが、赤ちゃんによっては下痢をしたり、食べたものを全部吐いたり、全身が真っ赤になることもまれにあるようです。
一般的に、卵アレルギーのほとんどの子は、卵は卵でも卵白アレルギーのようです。
「卵だけ食べなければいい」と思いがちですが、卵が含まれる食品全てを避けなければなりません。
お菓子、パン、練り物、麺などは、卵がほとんど入っていますので、成分まで気をつけなければなりません。
また予防接種ワクチンには、卵が含まれますので、接種後にアレルギー反応が出る子もいます。

両親のどちらかに卵アレルギーのある場合に見られることがありますので、その心配がある場合には、医師の指示を受けて卵を与えるのを遅らせます。
ふたたび与え始めるときには最初は少量から様子を見ながら与えます。
大きくなれば多くの湯合、反応が軽くなっていくのです。

しかし、卵アレルギーがないのに、卵を与えないというのは間違いです。赤ちゃんの発育にとって良質なたんぱく質は大切で、卵は非常にすぐれた食品ですので、卵アレルギーを恐れずに、最適な方法で少量から徐々に試していってあげましょう。

業界最高値!ベビー用品買取り|ベビレンタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)