赤ちゃんの添い寝にはベッドガードが必要?

赤ちゃんの添い寝にはベッドガードが必要?

赤ちゃんの添い寝にはベッドガードが必要?

主に母乳育児の方などは添い寝したままおっぱいをあげて、寝たらそのまま「そーっと離れて寝かしておきたい!」という方も多いんじゃないかと思います。
実は、我が家でも夜は移動してベビーベッドに寝かせていたのですが、お昼寝の時に大人のベッドに寝かせて、まだそんなに動かないだろうと油断してちょっと目を離してる間に下に落ちて泣いた事がありました。
その時は「ベッドガードを購入した方が良いかな」と色々調べたのですが、「利用対象年齢に達していないし、大人の出入りが面倒になる」と夫婦で話し合い、「羽毛布団を畳んでベッドガード代わりにして、床にクッションを敷き詰めて対応」することにしました。
しかし、「ベビーガードはあった方が安心」という方もいらっしゃいますよね。

ベッドガードはいつから使えるの?

調べてみると、多くの「ベッドガード」はベビー・子供用のものであっても安全上の配慮から、実は「18ヶ月以前のお子さまには使用しない」ように安全基準で定められています。それより小さい月齢で使う場合は、「落下する高さがより上がってしまう」・「隙間に挟まる」などの危険性もあるということを使用する保護者はきちんと把握する必要がありますよね♪

赤ちゃんの添い寝にはベッドガードが必要?

おススメベッドガード

★日本育児 ベッドフェンス

http://www.nihonikuji.co.jp/item/bedfence.html
ベビーゲートなども販売している、「日本育児」が販売しているベッドフェンスです。
SGマーク付きなので安心して使うことが出来ますね!カラーは6色あるのが特徴で、
かわいい色からドット柄まであるので好みに合わせて選ぶことが出来ます。

★カトージ ポータブルベッドガード

http://www.katoji-onlineshop.com/shopbrand/ct184/
メッシュ生地を採用しているので万が一ぶつかっても安心です。専用収納袋付きで持ち運びも出来る、安心のSGマーク付き商品です。
このベッドガードは小さく折りたためるので旅行や帰省の時などに便利です。
固定具を使わないのでベッドを傷つける心配もありません。
  

★アジル超ロングサイズ ベッドガード

http://www.toybyjp.top/-p-55741.html
カトージ社と共同開発の、ロングサイズベッドガードです。
反対側にとめるセーフティベルトがあり、しっかりと固定できるようになっています。
3段階の高さ調節があり、折りたたみ式で高さがある安心のハイタイプです。

★シュランクス社 インフレータブル ベッドレール

http://item.rakuten.co.jp/orange-baby/0626336880460/

空気充填式なので旅行にも便利なベッドレール!
シュランクス社のインフレータブルベッドレールは、付属のポンプで空気を入れてベッドガードを膨らませてからベッドシートの下に入れるという画期的なデザインです。
頭をぶつけたり指を挟んだりという危険性が少ないのも魅力的です。
アメリカやカナダをはじめ、多くの国の方々に幅広く人気です。

★リトルワールド折りたたみ式 ポータブルベッドレール

http://www.littleprincess.co.jp/bedrail_new.html

ベビー子ども用品企画輸入販売のリトルプリンセスのオリジナルブランドです。
BS(英国規格協会)安全基準合格品になります。
こちらのベッドガードは他の商品に比べて8㎝くらい高さがあるのでより落下防止に効果があります。幅広になっているので、大きなベッドを使っている方にはとてもいいですね!

いかがでしたでしょうか?
ベッドガードはマットレスの下に差し込んで使うものがほとんどですが、実はマットレスに厚みがあるとその分ガードの高さが減ってしまうので実際に使ってみると意外と高さが低くなってしまった!ということもあるのでサイズをしっかり測って選んで下さいね!
赤ちゃんの落下防止や怪我防止の手助けが出来るアイテムとして、きちんと対象年齢や特性を理解しながら使ってくださいね♪

業界最高値!ベビー用品買取り|ベビレンタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)